文字サイズ
UNIVERSAL PASSPORT
大学概要
大学概要

施設紹介(360度パノラマビューバーチャルキャンパス)

360°パノラマビュー バーチャルキャンパス
東北文化学園大学キャンパス内の実習教室や施設が360度で閲覧いただけるバーチャルキャンパスガイドシステムを導入しています。

施設紹介の画像をクリックするとパノラマビューがご覧いただけます。

JR「国見駅」の目の前が、東北文化学園大学の学びのエリアです。
学修のための施設設備と自然に恵まれた環境で、
一人ひとりの魅力を最大限に引き出すキャンパスがここにあります。

キャンパスガイド

1号館

1号館には、図書館、大講義室、ラーニング?コモンズEサポをはじめ、多くの講義室?実習室があります。
1階の学生総合サービスセンターは、大学生活から就職まで様々な学生の相談窓口となっています。

ラーニング?コモンズEサポ

ラーニング?コモンズEサポ
学生の開かれた学修空間です。教育アドバイザーが常駐し、相談に応じています。

空気環境設備実験室

空気環境設備実験室
建物内と屋外の環境を作り出すことが可能な人工気象室を設置。空気環境が健康に与える影響などを研究可能です。

無響室(電気音響設備実験室)

無響室(電気音響設備実験室)
音の反射を極めて小さく設計した無響室があり、音の特性を解析します。

大講義室

大講義室

図書館

図書館
13万冊を超える書籍を所蔵する本学の知の拠点です。

建築構造構法実験室

建築構造構法実験室
建築物の力学的挙動を学ぶため、圧縮試験機等を用いて実験?演習を行います。

臨床工学実習室

臨床工学実習室
生命維持管理装置や、さまざまな医療機器の操作?保守点検について学びます。

臨床工学実習室3

臨床工学実習室3
工学実験装置を多数管理。電気?電子回路の基礎を学びます。

応用情報工学実験室2

応用情報工学実験室2
PCを60台設置。プログラミングやソフトウェア開発を学ぶ実験室です。

応用情報工学実験室3

応用情報工学実験室3
PCやロボットの組み立て作業を行ったり、オシロスコープ等の各種計測器が設置されています。

スキルズラボ

スキルズラボ
様々な医療機器を設置。他の専門職の機器を体験することが可能で、スキルアップに活用できます。

聴覚学実習室

聴覚学実習室3
聴覚障害の検査?評価方法について学習する実習室。補聴器などの測定で使用する聴力検査室も完備。

製図室

製図室
建物設計の基本となる製図の知識を身につける部屋。製図設計や模型製作などを行います。

CALL教室

CALL教室
語学練習などを目的に、マイク付きヘッドホンを使い学生同士で会話練習ができる。
その他、1号館の主な施設
環境工学実験室 
心理分析室 
心理検査室 
地域都市計画実験室 
制御システム実験室 
健康管理センター 
建築計画実験室 
情報システム実験室

3号館

さまざまな実習施設を備えています。講義?少人数でのグループ学習、ゼミナールなど、幅広い教育に活用するための施設となっています。医療福祉学部の実習施設が多く設置されています。

言語聴覚学実習室

言語聴覚学実習室
言語障害や発達障害などに関する検査器材が充実。プレイルームが設置され、小児領域を学ぶための施設もあります。

基礎作業療法学実習室Ⅰ

基礎作業療法学実習室Ⅰ
電動のこぎり、電気陶芸窯などの機器を設置。作業療法の手法である陶芸、木工、革細工等を体験する機器が充実。

基礎作業療法学実習室Ⅱ

基礎作業療法学実習室Ⅱ
はた織り機や手工芸などの道具を設置。作業療法の手法である手芸、はた織り等を体験する道具が充実。

水治療法実習室

水治療法実習室
理学療法の治療手段のひとつ物理療法の水治療に関する機器を設置。水治療の体験を通して手段や効果を学習します。

入浴実習室

入浴実習室
介護施設などにある一般浴槽から特殊浴槽、電動昇降浴槽ストレッチャーなど設備が充実。

介護実習室

介護実習室
介護環境の設備が充実。様々な疑似装具や福祉用具を使った体験もできます。

プレイルーム

プレイルーム
様々な遊具が設置。作業療法分野の小児領域を学ぶため、遊びを通して生活に必要な能力の身につける方法を観察する。

基礎医学実習室

基礎医学実習室
人体の骨、組織、神経等を標本を用いて学習。学生が何時でも利用可能。

評価学実習室

評価学実習室
検査測定用ベッドと検査?測定器具、機械を使いリハビリの基本を学ぶ。

物理療法実習室

物理療法実習室
基本的な物理療法(温熱、寒冷、電気、光線療法)を学ぶ各種機器を完備。

調理実習室

調理実習室

被服実習室

被服実習室

日常生活活動実習室

日常生活活動実習室
障害者が日常生活を送る上で必要な多種多様な機器を設置。

義肢装具実習室

義肢装具実習室
手足の代わりとなる義肢装具が揃う実習室。

レクリエーション室Ⅰ

レクリエーション室Ⅰ

機能訓練?運動療法学実習室

機能訓練?運動療法学実習室
44台のベッドに各種機器、器材を完備。理学療法の基本を学びます。

運動学実習室

運動学実習室
基本的運動療法の原理、適応、効果を科学的理論で学ぶための機材を完備。
その他、3号館の主な施設
基礎医学実習室2 
評価学実習室Ⅱ 
社会適応実験室
作業療法実習室 
言語聴覚学実習室Ⅱ 
レクリエーション室Ⅰ 
被服実習室 他

4号館

視覚機能学専攻が中心として使用する施設です。2つの実習室に高度な検査機器が設置され、充実した学習環境が整えられています。

視覚機能学実習室Ⅰ

視覚機能学実習室Ⅰ
視力検査機器等を設置。視能訓練士の基礎を学びます。

視覚機能学実習室Ⅱ

視覚機能学実習室Ⅱ
眼科一般外来で必要な検査機器の数多くを設置。実際に検査演習を行います。

5号館

地下1階には落ち着いた雰囲気の学生食堂「虹色空間」があり、食事のみならず、授業前や休憩時間、放課後などに在校生同士がゆっくり語りあうのに最適のスペースとなっています。

学生食堂

学生食堂

コンピュータ室

コンピュータ室

看護実習室

看護実習室

在宅看護実習室

在宅看護実習室
サンプル画像

運動施設

本学では、体育館、第一運動公園、第二運動公園を設置し、授業及び研究に使用するほか、課外体育活動等に使用することができます。

【1】使用目的
?本学の学生の課外体育活動

?本学の教職員の体育活動

?本学が行う行事

?その他学長が使用を認めたもの

【2】使用時間
体育館 第一?第二総合運動公園

?平日 9:15~21:00 9:15~19:00(又は日没まで)

?土曜日 9:15~18:00 9:15~18:00(又は日没まで)

日曜日?休日?年末年始の休業日、その他本学が定めた日は原則として使用できません。

許可を得て使用時間を延長することができます。

【3】使用方法
使用を希望する場合は、所定の「体育施設使用願」を学生課に提出し、許可を受けてください。

厚生施設

本学の福利厚生施設としては、食堂、コンビニ、学生ホ-ルおよび自動販売機コ-ナ-があります。

【1】学生食堂(5号館〈本部棟〉地下1階、2号館地下1階)
営業内容
日替定食、麺類、パスタ、カレー他

営業時間
平日(月曜日~金曜日):学生の休業期間中は営業時間帯を変更する場合があります。
11:00~14:30(オーダーストップ14:00)
※土?日曜日?祝日は休業。
※営業時間以外は学生のコミュニティースペースや自習室として開放されています。

利用時間は、以下のとおりです。利用する際はマナーとルールを守ってください。
【利用時間】平日9:00~20:00
【注意】11:45~13:30までは食事のみの利用とします。

【2】セブンイレブン東北文化学園店(厚生棟1階)

営業内容
文房具、日用品、飲食類、書籍、雑貨等

営業時間

月曜日~金曜日 7:00~20:00?土曜日 7:00~18:00
休業日:日曜日?祝日(その他学事日程により営業日は変更があります。)
(休業期間中は変更されます。)

【3】厚生棟自習室(厚生棟2階)

自習スペースとして自由に利用できます。ただし、自習室内での食事は指定エリアのみ可能です。

【利用時間】

平 日 7:30~22:00
土曜日 7:30~18:00

【4】コピー機

1号館、2号館、3号館、5号館出入口付近にコピー機が設置されています。

【5】自動販売機コーナー
1号館地下(ドライエリア、南入口外)
3号館(北入口?南入口)
4号館入口
2?5号館地下学生食堂
厚生棟1、2階
体育館入口に飲料自動販売機が設置されています。

なお、災害時対応の緊急時飲料提供ベンダーが
5号館地下食堂、1号館地下(ドライエリア)、1号館中央入口、3号館北入口、体育館に設置されています。

【6】ATM?キャッシュコーナー
(1)セブン銀行:セブン?イレブン東北文化学園店内に自動預払機(ATM)1台設置
営業時間:月曜日~金曜日 7:00~20:00/土曜日 7:00~18:00
(※銀行によって取扱可能な時間帯は異なります。)

(2)ゆうちょ銀行:本学正門脇に自動預払機(ATM)1台設置
営業時間:月曜日~金曜日 9:00~18:00
※営業日、営業時間等は変更される場合があります。

【7】宮城県美術館及び仙台市博物館のキャンパスメンバーズ
本学では、宮城県美術館と仙台市博物館のキャンパスメンバーズに加入しています。
学生の皆さんは、学生証を提示することにより、展示内容により無料?割引などの特典が受けられます。ぜひ積極的に活用してください。

(1)常設展は観覧無料(何度でも観覧可能)
(2)特別展は観覧料の半額割引(年数回開催される特別展すべて、当日券のみ)